FANDOM


テンプレート:漫画俺の空』(おれのそら)は、本宮ひろ志による日本漫画作品。『週刊プレイボーイ』(集英社)にて連載された。

概要 編集

日本最大の財閥、安田グループ[1]の総帥を父に持つ主人公・安田一平が、『旅に出て1年以内に自らの手で、グループ首脳も認める人生の伴侶を見つけなければならない』という一族の掟により、人生の伴侶を見つける旅に出て大人物になってゆく物語である。

ライバルの武尊はハーレーを乗り回す無頼漢なキャラで、主人公と人気を二分し、東北の令嬢の争奪戦を行った。旅立ち前夜には、一平の高校の担任である、婚約者がいた女教師と肉体関係を持ち、アメリカへも旅立ち、カジノで一勝負した。

安田一平のその後を描いた続編『俺の空・刑事編』(『週刊ヤングジャンプ』掲載)と、安田一平の甥である安田三四郎が主人公の『俺の空・三四郎編』も存在する。

平成に入り、セルフリメイクである平成版(「Ver.2001」および「Ver.2003」)も発表された。また、ドラマ(後述)と連動させる形で、『刑事編』の続編が『ビジネスジャンプ』において2011年15号より連載再開された。

主な登場人物 編集

安田一平(やすだ いっぺい)
主人公。一族の掟により、自ら人生の伴侶を見つけるべく、全国を旅する。安田グループ総帥の子供だが、現在の正妻との子供では無い。義母からは実の息子同様の深い愛情を持って育てられた。御曹司でありながら、嫌味な所が全く無く、誰からも好かれている。学力においても高校の全課程を2年で修め、1年間の放浪後に試験勉強なしで東大法学部に合格するなど非常に優れている。
「刑事編」では自らの考える正義を実現すべく、安田グループ次期総帥の地位はそのままに警察学校を経て警視庁・京橋警察署の刑事となり(盗犯係→強行犯係)、巨悪に敢然と立ち向かう。必要とあらば私財を投じて事件に関わる土地・建物を買い(東南アジアルートの麻薬を全て買い占め(その後全て海に投棄)日本への麻薬流入を一時的に食い止めたり、アメリカの超高層ビルの基礎部に埋められたとされる遺体を捜し出すためにビルを買ったことも)、また警察機構の限界を感じると3000人の人員からなる「私設警察」を設立したことも。ヒットマンの狙撃を受け意識不明の重体に陥るが、奇跡的に回復している。
『俺の空・三四郎編』にて異母姉が存在していた事が判明する。
御前一十三(みさき ひとみ)
政財界を牛耳る“東北の御老人”の孫娘で、一平の婚約者。彼女を娶ることは東北の御老人の後継者となることを意味するため、政財界の若きエリートたちが彼女をめぐって争うことになった。自分自身に相当の自信を持っており、その姿は一平をも驚嘆させた。
「刑事編」では亡き祖父を継いだ「御前コングロマリット」会長として経営に務める一方、一平の「専属秘書」として彼のサポートも行なう。
物語の最後に全財産を捨て、一平と共に歩む決意をする。また全財産を捨てたことで何かあれば政財界が一平のもとに集まることになった。
武尊善行(ぶそん よしゆき)
武尊コンツェルンの御曹司であり、一平のライバル。ハーレーを乗り回す無頼漢。欲しい物は何でも手に入れないと気がすまない性格(金の力は使わない、むしろ金にあかせて威張る奴を懲らしめるのが大好き)。相手に負けたと分かるとサングラスを取る癖がある。サングラスを取ると素晴らしい美青年である。ちなみに武尊コンツェルンは地所から温泉が湧き、成功したいわゆる成金である。
「刑事編」では東京地方検察庁検察官(検事正)となり、一平を陰で支えるよき理解者となっている。「一平が挙げたホシ(犯人)は必ずブタ箱にぶち込む」というモットーで、些細な罪でも起訴猶予処分とはしない。
名前は武論尊+本名の岡村善行)から。
稲垣美奈子(いながき みなこ)
一平の幼馴染。男が苦手だったが、一平との再会で変わっていく。後に女性の地位向上のために勉学に勤しむ。
沢田文江(さわだ ふみえ)
行儀見習いとして安田家に来ているが、実は良家の令嬢。かなりおっちょこちょいの性格。一平が最初に選んだ花嫁で、彼女も一平のことを想っていたが結ばれることはなかった。後に幼馴染の清己と結婚する。
川村(かわむら)先生
一平の高校の担任で、一平の憧れの人でもある。婚約者がいるが、一平が旅立つ日、女性の体を教えてほしいと訪ねて来た一平と一夜を共にする。
安田清十郎(やすだ せいじゅうろう)
一平の父であり、日本最大の財閥である安田グループ総帥。一平の良き理解者。父親に無理やり玉の井の遊女であったつや子と結婚させられ、一平が生まれた。
安田清十郎夫人
一平の義母であるが、作中では名前は不明。清十郎が真に愛していた女性で、一平とは血の繋がりは無いが、実の息子同様に深い愛情を持って接しており、自分に子供が産まれると一平に愛情を注げないからと、自ら不妊手術を受け、子供が産めない体にしてしまう。
安田統一郎(やすだ とういちろう)
一平の従兄弟。一平の母親が遊女であることなどから父や妹と陰謀を巡らし、安田グループ次期総帥の座を奪おうとするが失敗する。だが、後に改心し、一平を支援する立場に。
甲斐清己(かい きよみ)
広島の甲斐一族の御曹司。大学受験のときに出会った一平に興味を持つ。後に幼馴染の文江と結婚する。
野城金次(のしろ きんじ)
ヤクザの若頭。一平にメンツを潰され、その恥をそそぐため一平に真剣を用いた文字通りの真剣勝負を挑む。勝負自体は、大雨の中、川のそばでの決闘であったため、にらみ合いの際鉄砲水が発生し勝負なしで終わったが、最後まで避難せず鉄砲水に飲まれた一平に対して自分の負けを認めた。その後、一平を男として認め、一平が助力を頼んだときには快く手を貸している。
サムシン王子
アラブの次期指導者と目される実力者。ヨットで南太平洋を航海中に嵐に巻き込まれ遭難するが、一平に助けられ、その恩と一平を気に入り、義兄弟の契りを交わす。
「刑事編」では彼自体は登場しないが、一平が「安田グループは王子と手を組み、日本国内に1年分の原油を備蓄している」と話すシーンがある。

一平が恋した女性 編集

テンプレート:節stub

カジノディーラー三人衆 編集

フィリップ・ダンカン
元凄腕イカサマ師のカジノオーナー。高慢な態度で客受けが悪い。
ティナ
腕利き美人ディーラー。大人の魅力で客をメロメロにする。
ステファニー
溢れる愛嬌とナイスバディで客の人気は高い。

「刑事編」の登場人物 編集

一平の仲間たち 編集

田村 政春(たむら まさはる)
京橋署の刑事。32歳の独身。一平の「教育係」として、彼に刑事のイロハを教える。一平を最初は「ボンボンの息子」としか見ていなかったが、正義感に燃える姿に同調していくようになる。
本部 正行(もとべ まさゆき)
京橋署のベテラン刑事。51歳。逮捕した不良の更生の面倒を見るなど、義理人情に篤い。妻との間に12人の子供がいる。プロ野球・広島東洋カープの大ファンで、非番の日には球場へ出かけることも。
誕生日の夜に変死体で発見される。死因は「脳溢血」とされたが、不審に思った一平はその真相を突き止めようとするが…。
小宮(こみや)
警視庁本庁捜査四課(現:組織犯罪対策部)所属の刑事(階級は係長)。暴力団への一斉捜索で京橋署と合同捜査を行なった際に一平と知り合う。
上層部からの捜査圧力に反抗し、一度は八丈島派出所に左遷されてしまうが、島を無断で抜け出して警察を辞職、その後一平の「私設警察」の実行隊長として行動するようになった。
「本部殺し」の真相を知る暴力団組長・草加(後述)を狙ったヒットマンの銃弾を受け、立ったまま絶命。
大川 真弓(おおかわ まゆみ)
京橋署に勤務する婦人警官。暴力団に対する一斉捜索の際に一平の説得で彼の恋人役として、売春が行なわれているラブホテルに入る。
テレビドラマ(後述)では彼女も一平と同じく刑事となっている。
坂口 四郎(さかぐち しろう)
通称「グッちゃん」。山谷ドヤ街日雇い労働者をしていた。「情報収集能力の高さ」を一十三に見出され高額でスカウトされ「情報屋」として一平たちに協力する。それ以降、趣味の悪いタキシードを着るようになった。
神田(かんだ)
一平の上司の刑事課長。たびたび上層部から捜査圧力をかけられるが、一平たちの姿に打たれ最後はこれに反して暴力団と全面対決に持ち込む。本部とは同期。
熊野 三郎(くまの さぶろう)
本庁の捜査課長。覚せい剤取締りが専門で、麻薬に対する憎しみは強い。
土橋(どばし)
本庁の捜査一課課長。隻眼で「独眼竜」の異名を持つ。一平たちとは連続幼児誘拐事件の捜査にあたった。

一平と対峙する者 編集

石田 文吾(いしだ ぶんご)
暴力団「海星会」会長。芸能界をも巻き込んだ覚せい剤の取引で資金を集めており、一平たちがホテルに乗り込んだ際は女性アイドルとベッドで交わっていた最中であった。服役中に引退を表明。
藤島 文成(ふじしま ぶんせい)
政治評論家。「歯に衣着せぬ」言動で知られその身を過激派に狙われていた。一平が「要人護衛」を兼ねたゴルフコンペで彼への狙撃を阻止したことなどを快く思わず、テレビで一平を公然と批判した上でマスコミに圧力を掛けようとするが、「正論」を主張する一平の姿に同調したため不発に終わった。
二階堂 良一(にかいどう りょういち)
心理学を学ぶ大学生で、「連続誘拐事件」の犯人。芸能人夫妻の子供を誘拐するがその子を解放する一方で警察・マスコミをかく乱するかの様に別の女性を誘拐し、殺害した上で身代金を奪う。その後警察を挑発するかのように「誘拐事件」を予告。女装して東海道新幹線車内で隣り合わせた女性から抱いていた幼児を誘拐、逃亡を図るが一平がヘリコプターで名古屋駅まで追いかけそこで逮捕される。
草加 竜太郎(そうか りゅうたろう)
暴力団「海星会」会長で、石田の跡目を継いだ。マフィアのボスとも故知の仲で、彼らと手を結んで勢力を拡大しつつあった。
会長襲名披露パーティーの席上、ホテルの所有者として壇上に立った一平から「宣戦布告」を受け、以降は一平の命を狙うようになる。
本部からは若い頃に面倒を見てもらっていたことがあり、一平は本部の死の真相を吐かせるべく留置場で「本部のそっくりさんが扮した『幽霊』」を使う。
黒田 重蔵(くろだ じゅうぞう)
元・総理大臣。草加と組んで海外に建設する予定のカジノの利権を得ようとした。一平らの捜査や草加の自白により「利権の話を知った本部は、黒田の殺人教唆によって殺された」と断定され、逮捕状が出されるがそれを拒むように法務大臣に「指揮権発動」を要請しようとする…。

映画 編集

俺の空 編集

1977年に実写映画化。原作第1部を元にしたストーリー。

スタッフ 編集

  • 監督:松本正志
  • 製作:仲川哲朗、川野泰彦
  • 脚本:出倉宏、松本正志
  • 助監督:鷹羽邦彦
  • 撮影:原一民
  • 音楽:土田治一
  • 美術:育野重一
  • 編集:武田勲
  • 照明:高島利雄

キャスト 編集

俺の空 刑事編編集

1998年GAGAプロダクションズ製作で2本Vシネマ化された。

キャスト 編集

ほか

テンプレート:節stub

スタッフ 編集

  • 製作:山地浩
  • 企画:本宮ひろ志
  • プロデューサー:千葉善紀/木村俊樹
  • 脚本:橋本浩介
  • 撮影:小川真司
  • 照明:石丸隆一
  • 録音:中山隆匡
  • 美術:野尻均/野尻郁子
  • 音楽:遠藤浩二
  • 編集:富田伸子
  • 監督:福岡芳穂

テレビドラマ 編集

テンプレート:継続中の作品 テンプレート:基礎情報 テレビ番組 テンプレート:ドラマ 「刑事編」が2011年10月16日からテレビ朝日系列の『日曜ナイトプレミア』枠にて放送されている。主人公・安田一平役は「芸能経験ゼロの新人」を対象にしたオーディションが行われ[2]、応募総数2700人の中から庄野崎謙が選ばれた[3]

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

サブタイトル 編集

各話放送日サブタイトル演出視聴率
第1話2011年10月16日大富豪の新人刑事!? 密室の同窓会殺人!!小松隆志
(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

オリジナルアニメ 編集

1991年・1992年に「刑事篇[4]」計2作品製作された。

キャスト 編集

パチンコ・パチスロ 編集

パチンコ
パチスロ

その他 編集

  • 東洋水産が発売するカップ焼きそば「マルちゃん俺の塩やきそば」の発売10周年記念パッケージとして、主人公の安田一平が登場した。2007年夏限定で発売された。
  • 主人公の安田一平のモデルは飯塚昌宏と言われている。
  • 刑事編は北芝健が原作(ただしノンクレジット)である。また、本宮は筒井康隆の「富豪刑事」をヒントにして書いたとコメントしている[5]

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 実在の安田財閥とは無関係。ちなみに所有する銀行は「安田銀行」ではなく、「安田第一銀行」である。
  2. 俺の空~刑事編 - テレビ朝日、2011年3月31日閲覧
  3. まんたんウェブ (2011-06-10). "俺の空 刑事編:主役は福岡の庄野崎謙さんに決定! いきなり連ドラ主演デビューへ". 2011年6月10日 閲覧。
  4. OVA化にあたって"編"が"篇"と改題されている。
  5. ロデオOFFICIAL WEB 本宮ひろ志インタビュー

外部リンク編集

テンプレート:前後番組

テンプレート:ビジネスジャンプ連載中 テンプレート:日曜ナイトプレミア

テンプレート:Manga-stub