FANDOM


夢幻の如く
ジャンル 歴史改変SF
架空戦記
漫画
作者 本宮ひろ志
出版社 集英社
掲載誌 スーパージャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス デラックス
発表期間 1991年 - 1995年
巻数 12巻
テンプレート使用方法 ノート

テンプレート:漫画夢幻の如く』(ゆめまぼろしのごとく)は、本宮ひろ志による日本漫画作品。『スーパージャンプ』(集英社)にて1991年から1995年にかけて連載された。コミックは全12巻(最終巻となる12巻にはページ数の関係で、前後篇の短編読み切りが掲載されている)。


テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

テンプレート:和暦本能寺の変で自害したはずの織田信長は「天からの一筋の光」に導かれて家臣の森蘭丸とともに命を救われる。信長は「これは神が『まだ死んではならぬ。お前には天から課された使命がある』として我を救ったのだ」と悟った。

信長は「天地夢ノ助」と偽名を使い、家臣の羽柴秀吉の天下取りに協力し史実どうりに事を運ぶ。やがて自らの正体を明かした夢ノ助こと信長は、実際の歴史では果たすことができなかった天下統一を成し遂げ、その野望は海を越え中国、モンゴル、そしてヨーロッパをも手に入れるという「世界統一」を目指す。

登場人物 編集

日本 編集

織田信長
主人公。苛烈さは弱まり寛容な性格になっている。海外進出に自ら乗り出すために秀吉に日本を任せるために、本能寺の変以後も名乗りを上げず史実どうりに世の中を動かす。決着がついた後、家臣たちの前に姿を現した。日本国中の兵力を結集して海外に乗り出す予定だったが予想外の家康の裏切りにより、一万たらずの軍勢で慌てて脱出した挙句、嵐に遭遇して関心のなかった満州に漂着する。そこで遭遇した満州人の族長ヌルハチを心服させ、モンゴルでチンギス・ハーンの遺体と面会し覇者と認められ遺産を手に入れ民族ごと従わせる。また、支配地には軍事費を減らしたことにより税金を軽くさせるなど、革新的な方法で平和をもたらした。対戦相手のロシア軍すら従わせ怒涛の勢いで西進するが、ヨーロッパ連合軍と戦う直前に単身でペルシャへ向かい、実子・夢暴丸(むぼうまる)に後事を託して表向きの死を選ぶ。その死に大激怒した夢暴丸によってヨーロッパ連合軍が滅んで世界征服が成された後は北アメリカにわたり一老人としてインディアンと暮らしている。
森蘭丸
信長の小姓。小姓の性ゆえに常に信長の身を案じて傍に控える真面目な性格だが、それ故に「オカマ」や「ホモ」呼ばわりされる事もある。海外に出たときに短期間だけ本来の歴史に戻り秀吉と対面する。実は光秀の事を嫌っており、その理由は「あの甲高い声を聞いただけで虫唾が走る」から。ふとした弾みからモンゴル人の少女・セルゲイと恋に落ち結婚。子供も授かって遊牧民として生活するが、信長の異変を察し、妻子を残して姿を消す。
羽柴秀吉
信長の家臣。本能寺の変の後は信長の後継者として天下取りを企むも信長(夢ノ助=信長をすぐに理解)の存命を知り方向転換。天下統一後は信長の命により西国の統治を任される。後に信長に付いて海外遠征に出かけ活躍する。家康降伏後は、日本の統治を任される。
徳川家康
武将。天下統一後は信長の命により東国の統治を任されるも、信長たちが海外遠征に出ようとした時を見計らって裏切り、日本を征服する。その後、江戸城を築き、信長の子・夢暴丸を産んだ服部半蔵の妹・月奈を捕えて監禁し、遠征が成功するとは思わず安心しきっていた。しかし、光秀からの報告を受け、慌てて沿岸の防備を固めるも手遅れであり、月奈奪還のためにやってきた夢暴丸と秀吉が率いる大艦隊の猛攻撃を喰らって、成す術も無く降伏させられた。降伏後、信長からの書状による命令で海外に連れて行かされ、目を見開かせられる。
明智光秀
信長の家臣。朝廷を尊重しない信長についていけず本能寺の変をおこす。秀吉に敗れ去った後も後悔はしなかったが家康に密かに拾われ「天海」と名を代え僧侶となった(これは「天海=光秀」説を本宮が利用したものである)。事ある度に信長を付け狙い、その動向を探るために後に海外に派遣され、ボロボロになって帰還し報告する。余談だが蘭丸にも嫌われている。
服部半蔵
伊賀忍者の頭領。家康の命を受け秀吉に押されていた勢力を挽回するため信長の身柄を確保しようとする。信長が出国した後、密かに夢暴丸を育てていたことが発覚し里を焼き討ちにされる。
石川五右衛門
伊賀出身の大泥棒。夢暴丸を気に入る。
月奈
服部半蔵の妹。信長に求められ夜伽の相手をし、気づかれぬまま夢暴丸を産み落とす。その後、家康に捕らえられる。
織田夢暴丸
月奈と信長との間にできた子供。幼児で忍術を会得し勉学もできるが、手の付けられない悪ガキ。父を求め海を渡り、モンゴルで対面する。月奈奪還のために大艦隊を率いての江戸城に猛攻撃をかけ、家康を成す術も無く降伏させた。表向きの死を装った信長の後を受けて軍の総司令官となり怒涛の勢いで西進してヨーロッパ連合軍を壊滅させ降伏させる。

海外 編集

ヌルハチ
満州人の族長。信長に心服し勧められてそれまで考えてもいなかったを征服、を興し皇帝に就任する。息子の一人、ホンタイジは夢暴丸の弟分。
イワン雷帝(イワン・ヴァシリィ)
ロシア皇帝。信長同様、死から復活しチンギス・ハーンの遺産を求めて大軍を率いてモンゴルに侵攻し暴虐の限りを尽くす。残虐非道・冷酷無比な性格で恐怖体制を敷いて兵士たちを絶対服従させている。信長との対決に破れた事で恐怖体制から解放された部下に見捨てられ、その一人が放った槍で絶命する。
エリザベス1世
イングランド女王。信長の危険性を認めようとしなかったが、信長軍がヨーロッパの目前まで迫ると首脳会議に自ら出席し連合軍に加わる。激昂するとヒステリックになる。
フェリペ2世
スペイン国王。有色人種を見下し信長の危険性を認めようとしなかったが、信長軍がヨーロッパの目前まで迫ると首脳会議に自ら出席し連合軍に加わる。
万暦帝
明帝国皇帝。側近は腐敗し、国民は貧困に苦しんでいるが、自分の財産のことばかり気にしている。
李成梁
明帝国軍人。ヌルハチの後盾。

メディア展開 編集

コンピューターゲーム 編集

1993年12月17日スーパーファミコン用ソフトとしてインテックから発売。プレイヤーは信長となって天下統一を目指す。

パチスロ 編集

2010年1月にIGTジャパンから発売された。ARTを搭載した5号機。

外部リンク 編集

パチスロ公式サイト - IGTジャパン

テンプレート:Manga-stub